ビジネス書 自己啓発本 「本当に役立つ本」 紹介 !

年間300冊以上好きで読んでいますので、アウトプットしようと決意。できるだけ質のいい、活かせる情報を。

「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN」 佐宗 邦威(さそう くにたけ)

ふつうに生きていると「どうすれば他人が満足するか」ばかりを考えてしまい
「他人モード」の行動をとっている。
そしていつからか「君はどう思う?」と聞かれても「自分はどう思うのか」がよくわからなくなる「自分の意見やアイデアがスッと出ない!」
これが私たちの生きるネット時代の「生活習慣病」

そんな「生活習慣病」を克服し、
「妄想」を「駆動力」
できる人を目指す。

VISION DRIVEN 直感と論理をつなぐ思考法

この本は、下記のような方におすすめです。


・仕事は特に大きなミスなく進めることができるけど、やりがいを感じない。
・何に不満なのかもよくわからない。なんかモヤモヤする。
・本当に自分のやりたいことがわからなくなってきている。
・最初に書いた「他人モード」におちいっているかも!?と思った方。
・特に膨大な業務に忙殺されている人、部下のマネジメント責任がある人、顧客の対応に追われている人、家事・育児・介護を抱える人

・・・自分よりも他人の満足を優先し過ぎてしまっている人には、ぜひ読んでいただきたい本です。

 

著者はP&Gマーケティング部で「ファブリーズ」「レノア」などのヒット商品を担当後、「ジレット」のブランドマネージャーを務める。その後、ソニーに入社。同クリエイティブセンターにて全社の新規事業創出プログラム立ち上げなどに携わる。

そんな著者は、企業・組織のイノベーション支援を行っており、個人のビジョンを駆動力にした創造の方法論に詳しい。そんな著者だから書けた「妄想を手なずけ、圧倒的インパクトを生む」本です。

 

これまでの思考の領域では

①カイゼン思考

②戦略思考

③デザイン思考

と大きく3つのタイプが存在していた。

この本では、そのどれとも異なる「第4の思考」について書かれている。

それが

④ビジョン思考 である。

 

 

 ・ビジョン思考の基本サイクル

→「自分モードの思考」を取り戻すサイクル

①内発的動機が足りない → 妄想(DRIVE)

 →自分の妄想をかたちにする

②インプットの幅が狭い → 知覚(INPUT)

 →ビジョンの解像度を上げる

③独自性が足りない → 組替(JUMP)

 →自分なりの切り口を与える

④アウトプットが足りない → 表現(Output)

 →自分らしい表現に落とす

 

「直感」を駆動力にした思考は、このサイクルを描く。

 

vision driven 直感と論理をつなぐ思考法

 

・ビジョン思考のこのサイクルを身につけるためには2つの条件が必要になる。

 

 ①ビジョン思考の「スペース」

   空間的余白と時間的余白

 ②ビジョン思考の「メソッド」

  「紙×手書き」が基本

   デバイス画面にデジタルで書くと「他人モード」の邪魔が入る。

  「感情アウトプット」を練習する。

 

ビジョン思考を習慣化するのに最も大切なのは「余白(スペース)」。

「余白」とは、空間的「余白」と時間的「余白」の2種類必要。

余裕ができたらやってみる ではなくて、 先回りして余裕、つまり「余白」の時間をスケジュールに入れる。

そして、今すぐ無地のノートを買う(空間的余白)。

 

著者曰く、

「あなたの職場には、ビジョンが生まれる「余白」があるだろうか?それをかたちにする「キャンパス」は用意されているだろうか?もしそれらがまったく無いのであれば、まず「余白」をつくるところからスタートするべきだ。」

 

・妄想を引き出すためのメソッド

①新品のノートを買う

紙のノートのメリットは「手書き」ができるから。右脳と左脳両方のモードが使えるのはこれだけ。デジタルでは難しい。デジタルデバイスでは他人モードの邪魔が入る。

 

②「感情アウトプット」を練習する

・毎日決まった時間にノートに書く。仕事前の朝一がおすすめ。

・毎日決まったページ数を書く。

・お気に入りのペンで手書きする。

・最低でも1か月続ける。

妄想を引き出すには、「過去に起きたこと」を書くより、「そのときに感じていること」を書くことが望ましい。

 

一番とっつきやすいのは、「感情ジャーナリング」

自分がいやだと思ったこと。嬉しかったこと。どうしても気になっていること。

ありのままに書いていく。

本当はつらかったのに我慢していたこと、実は後悔していること。他人への悪口や嫉妬心などなど、マイナス感情が出てきても抑え込む必要はない。

ただし、ジャーナルの最後は必ずポジティブな感情で締めくくるようにすると、日々の充足感が高まる。

 

「他人モード」に染まりきっている人は、これだけの作業にすら困難を覚える。

自分の感情にアクセスする筋肉が鈍りきっているから。

まずは、「思ったことをありのままに吐き出すリハビリ」だと思ってやる

 

たいていの人は1週間も継続すると、書き終えた後に爽快感を覚える。1か月くらい継続すると、周囲の目を気にして身につけている「鎧」が取れてきて、「むき出しの自分」が見えてくる。

 

著者お薦めのノートが

測量野帳

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3

 

 モレスキン

モレスキン ノート クラシック ハード 無地 ポケット QP012 黒

 

もっと高級感を味わいたいこだわり派の方には、私のお気に入り

ロイヒトトゥルム!

LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム) A6 無地ノート ソフトカバー ブラック

 

いずれもハードカバー、ポケットサイズ というのが「他人モード」に邪魔されない特別感がつくれる。そしてどこでもぱっと開ける。

 

③「何もしない時間」 をスケジュール予約する

空間的余白を手にしても、時間的余白が無ければ意味が無い。

「自分モード」のスケジュールを予約して、予定をブロックすること。

 

④妄想クエスチョンを行う

質問文というのは、それに対する回答を期待した「余白」である。

妄想を刺激する質問「妄想クエスチョン」とは

・子供時代の夢は何でした?

・青春時代、何/誰 に憧れていた?

・もし3年間自由な時間ができたら、何をしますか?

・もし100億円の投資を得られるとしたら、何をしたいですか?

 

妄想クエスチョンで大切なことは「手で考える」ということ。

これらは、頭のネジを意図的に外す訓練になる。

 

その他、

○○してみたい。 ○○になりたい。 ○○へ行ってみたい。それを言葉として手で書く。無地の紙に書く。

妄想をどんどん自由に膨らます。

 

④偏愛コラージュをつくる

妄想を膨らますには、K→V→Aがいい。

つまり、体感覚(Kinesthetic) → 視覚(Visual)がいい。

具体的な画像をプリントアウトして机の上にバッと並べる。好きな画像は写真データを検索してプリントアウトする。

PhotoPin を利用する。http://photopin.com/

 アウトプットした写真や画像を大きめのスケッチブックなどの紙に貼り付ける。コルクボードにピン留めしてもいい。それぞれの写真の下には「好きになった理由」「好きなところ」などを短いキーワードにして書いておく。

ビジョン思考は単なる右脳思考ではなく、イメージモードと言語モードを行き来することに主眼がある。

 

「自分の根本的な関心がどこにあるのか」

それを見失わないように。

 

⑤創造の「テンション」を引き出す  魔法の問いかけ

 「課題:現状のユーザーに新たなトライアルをしてもらう」

「どうすれば、現状のユーザーに新たなトライアルをしてもらえるだろうか?」

という疑問分にする。

※これはよくある(よくビジネス書にあるメソッド)

→私のおススメの本は

 ↑とあるバリバリのコンサルの方に紹介していただいた本です↑

 

ただ、

問題解決、カイゼン思考(イシュードリブン)では常に

「どうすれば・・・・だろうか?」

ビジョン思考(ビジョンドリブン)では

「もし・・・なら、どうなるだろうか」

問いの設定、構文がそもそも違う。

 

 このビジョンドリブンの質問になかなか答えられない、さっぱりわからない!という人は、「他人モード」で思考することに慣れきっている人、問題解決型アプローチに染まりきっている人に多い

 

ビジョン思考の質問で極度の反発心を感じてしまう人には、さらに素敵な質問が本書には説明されています。

 

「妄想」を引き出すメソッドだけでも、ここに詳細は書きつくせないです。

その後、「知覚」「組替」「表現」と続きますが、それぞれ動作に落としやすいメソッドがわかりやすく説明されています。

 

普段

「どうしたらあの人を満足させられるだろう」

「どうすれば、上司は満足して納得してくれるだろう」

そんなことばかり考えて

自分の意見、自分のアイデアが出てこない!

そんな悩みをお持ちの方には、ぜひ読んでいただきたい本です。

売れている理由がきっとわかると思います。おススメです。

 

アマゾンで詳細を見る

直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN

 

楽天で詳細を見る

直感と論理をつなぐ思考法 (佐宗 邦威)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Evernote エバーノート 超実用的アプリ

 もはやこれが無いと不安なくらい使い倒しているアプリ。

いつでもどこでも必要な情報がスマホやPCインターネットで検索可能。

見たい情報やメモ、資料がすぐに閲覧できる優れもの。

Evernote

Evernote

  • Evernote
  • 仕事効率化
  • 無料

 

以前ご紹介させていただいた

「独学の技法」-知的戦闘力を高める- 山口周 - ビジネス書 自己啓発本 「本当に役立つ本」 紹介 !

でも、知識の生簀(いけす)として活用することを進められています。

 

何と言っても、カテゴリー分けや、ラベルを付けることで、検索しやすい。

PDFやエクセルなども一緒に保存できて、いつでもどこでも見たいときに見れる。

本当にこのアプリは万能。受信したメールを自分のエバーノートのアドレスに送ることができ、エバーノートに保存するのは超簡単。

これはビジネスマン必携のアプリ!

無料よりは、月々数百円のアップグレード版の方が断然費用対効果が高いです。

数百円でこの機能、最高です。会議中や外出中に必要な資料がすぐにスマホやI-Padで見れます。

 

もちろん必要なときには検索してメールやLINEなどのアプリで送ることも可能。

 

 

Evernote Scannable

Evernote Scannable

  • Evernote
  • 仕事効率化
  • 無料

 エバーノートを使うなら、このアプリは必ず一緒にインストールしておきたい。

紙をこのアプリで軌道するカメラで移す。すると自動で紙のサイズだけを認識して保存してくれます。

いちいち資料をPDFにしてPCに送って、エバーノートへ保存なんか面倒くさい。

このアプリで自動撮影するだけで、自動的にエバーノートに保存される。

これは無料のままで十分使えます!

資料1枚ならJPG、2枚以上なら自動的にPDFで保存してくれる。

 

 

 

「時間管理 タイムマネジメントに特化したアプリ」

 今からでも遅くない。

タイムマネジメントの実践。

こんなに簡単に、自分の時間の使い方が見える化できるとは。
仕事中にパソコンのブラウザでストップウォッチ感覚で使える。

 

Toggl: 時間管理 タイムシート

Toggl: 時間管理 タイムシート

  • Toggl OÜ
  • ビジネス
  • 無料

 

いいところ。

・スマホでもPCどちらからでもアクセスできる。

・簡単にToDoリストを作成できる

・作業のスタートとストップがストップウォッチ間隔でクリック一つ

・ウィークリーやマンスリーで、何にどれだけ時間を使ったか?が一目でわかる

・グラフでも見れてわかりやすい

・自分が何にどれくらい時間を要したのかが一目でわかる

・とにかくシンプルで使いやすい

・会社でPCのブラウザの1つに、これを常に開いておけば楽。

・あらかじめホーム画面に登録しておくと楽。

 例えばGoogleとTogglをデフォルトにインターネットオプションで登録。

・どんな報告書に自分は今何分、何時間かかる能力なのかが一目でわかる。

 

以前、けっこう有名なコンサルタント会社に勤めている方がおススメされていたので、使ってみました。

かなりいいです。

何がいいって、上記に書かせていただいたように、とにかく簡単・シンプル・使いやすい。そして、自分の時間の使い方を分析できる。だから改善できる!

 

併せて読みたい本

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (SB文庫)

 

併せて読みたい本 の 関連本
完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

 

「学び効率が最大化する『インプット大全』」 樺沢 紫苑

どれだけ本を読んでも、セミナーに行っても、覚えていなければ
「究極の時間の無駄遣い」

2018年8月に発売された著者の「学びを結果に変えるアウトプット大全」が、40万部を超える大ベストセラー(2019年8月現在)となり、
待望の
「インプット」
に関する続編が出ました。

「学びを結果に変える アウトプット大全」 樺沢 紫苑 - ビジネス書 自己啓発本 「本当に役立つ本」 紹介 !

インプット大全

本や人、インターネットなどで、情報を毎日大量にインプットしているのに、

・得た情報を活用できていない
・読んだ本の内容が思い出せない
・仕事や実生活に変化が起こらない
・インプットしてもすぐに忘れてしまう

そんな悩みは多くの方が持っているはず。
私もそんなに記憶力がある方では無いので、改めてこの本を読んで、これから実践しようという気づき学びがたくさんありました。

 

著者は以前「アウトプット大全」でご紹介した
日本一アウトプットする精神科医
として日々活動されている樺沢紫苑氏。


メルマガ 毎日発行 14年
Facebook 毎日更新 9年
YouTube 毎日更新 6年
毎日3時間以上の執筆 12年
年2~3冊の出版 11年連続
新作セミナー 毎月2回以上 10年連続

 

という驚異的なアウトプットをされている方です。
そして、そのアウトプットを生むインプットが

 

読書(スキマ時間のみ)20~30冊/月
スマホ使用時間 30分以下/日
ネットからの情報収集 15~20分/日

 

なんかすごいです。。。

何がすごいって、毎日どこにそんなアウトプットする時間があるのだろう?ってこと。それとやっぱり、そんなにアウトプットに時間を使っているのに、1か月に20冊から30冊もどうしたら本を読めるのだろう?しかもこれだけアウトプットできるだけの知識を吸収する読み方ってどんな読み方をしているのだろう?
意外にスマホやネットを使う時間少ない!でも何でそんなに毎年 本を出版できるくらいの情報を得ることが(インプットすることが)できているのだろう?

 

そんな謎めいた著者でありながら、その謎を体系化して明確な本にしてしまい、多くのビジネスマンや実業家の支持を得ている著者。
これだけ世間の人が注目するのもうなずける内容でした。
この「学び効率が最大化する『インプット大全』」と前回の「アウトプット大全」をセットでまず勉強することが、効率の良い、生産性の高い学びへの第一歩だと

 

ポイントとして、

・ インプットには「読む」「聴く」「観る」「その他」がある。

 

 ・1日30分で20個の情報を見ていると、1週間で140個の情報に接している。しかし、そ  のうち記憶に残っているのは、たったの4個。
情報吸収率は、わずか3%


・この本に書いてあることをしっかり実践すれば情報吸収率は90%以上に高まる。
 なんと30倍以上にインプット効率を高めることができる


・そもそも「必要のない情報」は、「見ない」「接触しない」、つまり
「情報を捨てる」努力が必須。


・インプットとは、脳の中に情報が入って(INする)、情報が置かれる(PUTする)。情報がインして、プットして、初めて「インプット」といえる。
つまり、人の話を何時間聞いても、記憶にとどまっていなければなんの意味もない。

→「なんとなく」読む、聞く、見るのはNG!

 

・「インプット」と「目標設定」はセットにする

→ゴール設定シートを使って
10秒のワークを行うだけ。

 ↓↓ こんな感じです ↓↓

インプット大全 ゴール

↑ゴール決定シート

 

インプット大全 ゴール決定記入例

 ゴール決定シート(記入例)

 

・インプットとアウトプットは表裏一体

 会話だと:聞く→話す→聞く→話す
インプットとアウトプットが交互にある。

メモをとる:聞く(INPUT)→メモをとる・書く(OUTPUT)

INPUTとOUTPUTは同時進行。

※どちらかだけに集中しない。同時処理を意識する。

 

・アウトプット前提でインプットする

アウトプット前提にすると、心理的プレッシャーがかかり、緊張状態におちいる。そうすると、脳内物質ノルアドレナリンが分泌。これが分泌されると、集中力が高まり、記憶力・思考力、判断力が高まる。

※だいぶ前にご紹介した「東大読書」にも同じようなことが書かれていました!

「東大読書」 -「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく- 西岡壱誠 - ビジネス書 自己啓発本 「本当に役立つ本」 紹介 !

これだけで圧倒的に記憶に残りやすくなる。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

 

同じように美術館に行くとしても、アウトプットを前提として見るのと、全くアウトプットなんか考えないで見るのと、一度比較するとすぐに効果がわかる。

確かに。

 

「選択的注意」→「興味・関心のアンテナ」を立てる

パーティー会場のような騒がしい中でも、自分の名前や自分の興味あるキーワードだけは、自然に聞き取ることができる。これを「カクテル・パーティー効果」と呼ぶ。

これを利用するだけでもインプットの差は大きい。

→自分が興味、関心のある分野を3つ挙げれるようにしておく。

 

・興味関心のアンテナを立てるには?

①興味・関心のあるキーワードを書き出す

②目的、テーマを明確にする

③自分で自分に質問する

④アウトプット前提にする

特に③の方法で、すぐに私もアンテナが立ちました。

 

・脳の仕組みを使い、記憶力を高める

①ストーリーを活用する

②好奇心を大切にする

③本を買ったらすぐに読む。読みたい!という気持ちが強いうちに。

④わからない!と思ったらすぐ検索。

⑤大舞台で講演する。(緊張、興奮、教える を活用)

⑥映画い、美術鑑賞など、感動と学びと連動させる。

⓻旅行(緊張・興奮・感動)から学ぶ

 

・「本を読む」ことは学びの最初のステップ

学びたいことがあったら、
まずは1冊、本を買ってみる。

 

そして
本を読む→動画・音声(インタラクティブ)

→講義・講演・セミナー→直接学ぶセミナー(1対1)→教える

 

例えば英語を学ぼうとしたら

英会話の本を読む→音声教材やYouTubeを利用する

→英会話学校(グループレッスン)

→英会話個人レッスン→英語を教える

この順番が最もインプットに最適。

 

・月に10冊より、「月に3冊+アウトプット」

本を読んだら必ずアウトプットする。

そして、下のようなサイクルを必ず回す。

インプット大全 本

 

・感想前提に本を読む具体的方法

①重要と思ったらすぐにアンダーラインを引く

②あとから読み直したい、引用したいところに付箋(フセン)を貼る

③気づき、派生するアイデアなど、何でも書き込む

④その本の「ベスト名言」を選ぶ

⑤その本の「最大の気づき」を各

⑥今日から実践したい「最大のTo Do」を書く

⓻本を読んだら、短文でもいいので必ず感想を書く

私は、上の3つくらいできていましたが、できていなかった⑥を実践しようと思います!

 

・目次を見て、知りたい!興味ある!というところをピックアップし、それに相当する部分だけを読む。

または、最初からパラパラとページをめくり、重要なポイントだけを読んでいく。特に重要なところは太字で書かれている本におススメだと私は思いました。

これは、以前メンタリストのDAIGOさんもおススメされていた読書術!

メンタリスト DAIGO本関連

 

・バランスよく読む

バランスよくインプットする方法として「3点読み」がおススメ。

例えば「睡眠時間に関する本」の場合

「長時間寝るのに賛成派」「長時間寝るのに反対派」「中立の立場で書かれた本」の三冊を読む。

どうしても2冊くらいが限界の方は、「賛成派」と「反対派」だけでも1冊だけ読むより記憶に残りやすい。

 

この世の中の悩みの95%以上は、本を読めば「解決法」がわかる

「悩み」や「ストレス」を抱えていたら、まず「本」で解決策や対処法を調べる。

対処法がわかれば、あとは先ほどのサイクルのように実践するだけ。

また、これは感情移入して読めるので、記憶にも残りやすい。

 

・小説も読む

「娯楽」の中にも計り知れないメリットがある。

①本が好きになる

②頭がよくなる、脳が活性化する

③共感力がつく

④創造性が増す

⑤ストレス解消効果がある

⑥他人の人生を疑似体験できる

⓻楽しい、人生が豊かになる。

→ビジネス書ばかりでなく、たまには小説にも手を伸ばすべき。

※私もたまに村上春樹さんや東野圭吾さんを楽しんでいます。

仕事ができる人は、小説も楽しんでいるようですね。

 

・「紙の本」と「電子書籍」の比較

インプット 紙と電子 比較

私は圧倒的にビジネス書が多いし、本にラインや書き込みをいっぱいするので、やっぱり紙か・・・と思いました。

でも、これで、「小説」や「マンガ」は電子書籍だな!と確信(笑)を得ました。

 

このように、
「読むというインプット」だけでも、ここでご紹介できない程の情報量
なんです。この情報量をうまく整理して記憶に残すためにも、この本は読んでおくべきだと思います。

 

著者は、ご紹介させていただいた「アウトプット大全」もそうですが、

「読んだら忘れない読書術」(サンマーク出版)も15万部のベストセラーになっている

普通でない精神科医!良い意味で。 

 

このお盆休み、夏休み、周りの同僚や上司、後輩、部下よりもインプットをしてスキルアップしようと考えている方は、ぜひまずこの本を読んだ方が良いと思います。

いつも通り読んでも記憶に残りにくい人、情報を活用できない方、かなりおススメです。

 

アマゾンで詳細を見る

学び効率が最大化するインプット大全

 

楽天で詳細を見る

学び効率が最大化する「インプット大全」 樺沢 紫苑

 

働き方改革 仕事効率化 IT化 DX化(デジタルトランスフォーメーション)で必ず必要 IDとパスワード管理

 タイトルの通り、最近では紙が減っていっています。デジタル化の大波。

稟議書や社内回覧もワークフローシステム。
勤怠管理もクラウドで管理。
出張での新幹線・飛行機・ホテルなどの予約も社内クラウドシステム、
そして経費やちょっとした購入品も今では清算システムに入力。領収書を写真撮ってクラウドへアップ!

プロジェクトマネージメントでスケジュールやガントチャートも今やクラウド上で作成して、チームメンバーといつでも、どこでも共有。

 

これら全部に
IDとパスワードは必ず必要。。。

 

 すべてのIDやパスワード 共通にしている方は少ないと思います。
それは危険なので、もしされている方がおられたら、パスワードだけでも変えておいたほうが無難です!最後の1文字か2文字くらいだけでも変化させると安心だとか。

 

IDは殆どが社員番号かメールアドレスなので、わかりやすい。

でも
パスワードを1つずつ変えていると、何が何やらわけがわからなくなる!! 管理できないくらいの数になってきた。全てはデジタル化のおかげ様!?助けてほしい!!
という方は多いはず。

一番安全なのは紙に書いて、自宅の机の引き出しに入れて鍵をしめる。
でもめんどくさい!

 

そんな方におすすめなのが、このアプリ。

「パスマネージャー」

読んで字のごとく。パスワードをマネージメント(管理)してくれます。

ひとまずこのアプリにIDとパスワードを入れておく。そして結構たまってきたら家のノートにでも転機しておく。

それもめんどくさいときは、スマホの画面をパシャっとスクリーンショット、
その画面を印刷して、その紙を家にしまっておく。会社のコピー機使ってごめんなさい!でもこれも時間短縮で生産性アップ!

有料版だと、CSVとかに登録したIDやパスワードなどが出力できるようです。
私は、先ほどの技を使用するので、無料版で現在問題なくやっています。先ほどの技もめんどくさくなってきたら、有料版に切り替えようかな。

 

 その他、そのIDやパスワードの他にメモや、自動でパスワードを考えてくれる機能などもついていて便利です。特にメモは便利。
「このパスワードは自分で後日変更できる」とか、「このパスワードは〇〇年に変更する必要がある」とか。

 

もちろんこのアプリを誰にでも開かれると困ります。

安心してください。指紋認証です。

 

社内業務のIT化でこれからもIDやパスワードはこれからも増えると思います。

プライベートでも

〇〇pay とかで。。。

 

おススメです!一度お試しください。

「News Picks」今までお会いした役員の半数以上がスマホに入れていたアプリ。

タイトルは大げさでもなく、実際に気づいたことです。

最初は興味本位で色々な社長、執行役員の方々と食事をご一緒させていただいた際、必ずスマホにどんなアプリを
入れていますか?


どんなニュースアプリが役立ちますか?

 

と聞いています。シンプルに個人的な興味です(笑)

 

そこで、半数以上の人が入れているのがこのニュースアプリ。

 

NewsPicks(ニューズピックス)

NewsPicks(ニューズピックス)

  • UZABASE, Inc.
  • ニュース
  • 無料

 NewsPicks(ニューズピックス)

 

最新の時事ニュースからスタディーハック的な情報まで、丁寧に説明されています。

ちょっと深掘りした内容もあり、このアプリの特徴ではないでしょうか。

もう1つとても大きな特徴として、それぞれのニュースについて、一般の人から専門家までがコメントを入れていること。

 

あー、そういう解釈もあるんですね!
なるほど、そういう視点もあるんだ!!

気づきが多くなるのもこのアプリの良いところです。

 

是非一度インストールしてみてください。
これはかなり役立ちます。芸能ニュースやお得情報ばかり見るより、何百倍も仕事で役に立つことは間違いない!と思います。

 

NewsPicks(ニューズピックス)

NewsPicks(ニューズピックス)

  • UZABASE, Inc.
  • ニュース
  • 無料

 

 

これで確実に【実行できる組織】【実行できる人】になれる優れたアプリ

「何をするかは、わかっている」「目標を掲げることはできる」

問題は「どうやって実行させるか」なんだ。 

 

以前ご紹介させていただいた

「戦略を、実行できる組織、実行できない組織。」

「図解でわかる『戦略実行』」

「実行する技術 4DX」

「実行の4つの規律」

などの本、世界中の有名企業が実践して成果を出しています。

そして多くの企業でIT化が進んでいます。

そこで最近話題の(と言いますか、かなり以前から評判の)スマホ用アプリをご紹介いたします。これで4DX(The 4 Disciplines of Execution:4つの規律)が実践でき、
部下や後輩が動き出し、「実行する組織」「実行できるチーム」ができます!

 

My4DX Personal

My4DX Personal

  • Franklin Covey Japan Co.,Ltd.
  • 仕事効率化
  • 無料

 目標を決めても、すぐにいつものルーティンワーク、通常業務、突発的に入ってくる仕事に追われ、いつの間にか重要な目標への行動がとれていない。

 

その結果、結局組織は成長せず、ただなんとか現状を維持しているだけ。。。

 

そんな悩みを持っている会社、組織は多いようです。特に忖度の多い日本、上司・先輩から依頼された急な仕事を優先してしまって、自分の本当にやらなければならない仕事が進まない。本当に重要な仕事への行動がとれないから、重要な成果が出ない。会社にとってインパクトのある目標が達成できない。結果出世が遠のく。。。

 

そんな悩みを解決してくれた私にとってのバイブル的実行本が上記ですが、
この「アプリ」と全ての本に記載されている「スコアボード」を併用することにより、出張や外出が多くてもモチベーションを下げることなく目標を達成することができました。またチームの行動状況なども見える化できるので、お互いに励まし合って楽しく、やりがいを持って仕事に取り組むことができました。

 

スコアボードやWIG(最重要目標)、先行指標、遅行指標など、紙よりもデジタルで管理したい!という方には非常におすすめです!

 

個人的には、スコアボードはチームメンバーでワイワイ楽しく紙で作る方が結果が出ました。オモシロイ写真や矢印を作って事務所の壁に貼って、毎週それを見ながら
今自分たちのチームは勝っているか!?
常に意識しながら行動できました。

 

 

My4DX Personal

My4DX Personal

  • Franklin Covey Japan Co.,Ltd.
  • 仕事効率化
  • 無料

最重要項目であるWIGを決める。

「 いつまでにXをYにする」という遅行指標を決める。

確実に遅行指標を動かせる先行指標を考える。

先行指標の行動をスケジュールに毎週入れる。

スコアボードでチームメンバーの活躍を見える化する。

毎週WIGセッションして報告し、約束し、助け合う。

などなど、本当に目標を達成させたいチームリーダー、管理職、マネージャーには

必読の本です。アプリで管理も便利でおススメです!

戦略を実行できる組織実行できない組織
実行する技術4DX
図解でわかる 戦略実行
4つの規律

戦略を、実行できる組織、実行できない組織

図解でわかる「戦略実行」

実行する技術 4DX

4つの規律