ビジネス書 自己啓発本 「本当に役立つ本」 紹介 !

年間300冊以上好きで読んでいますので、アウトプットしようと決意。できるだけ質のいい、活かせる情報を。

「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN」 佐宗 邦威(さそう くにたけ)

ふつうに生きていると「どうすれば他人が満足するか」ばかりを考えてしまい「他人モード」の行動をとっている。そしていつからか「君はどう思う?」と聞かれても「自分はどう思うのか」がよくわからなくなる。「自分の意見やアイデアがスッと出ない!」。こ…

Evernote エバーノート 超実用的アプリ

もはやこれが無いと不安なくらい使い倒しているアプリ。 いつでもどこでも必要な情報がスマホやPCインターネットで検索可能。 見たい情報やメモ、資料がすぐに閲覧できる優れもの。 Evernote Evernote 仕事効率化 無料 以前ご紹介させていただいた 「独学の…

「時間管理 タイムマネジメントに特化したアプリ」

今からでも遅くない。 タイムマネジメントの実践。 こんなに簡単に、自分の時間の使い方が見える化できるとは。仕事中にパソコンのブラウザでストップウォッチ感覚で使える。 Toggl: 時間管理 タイムシート Toggl OÜ ビジネス 無料 いいところ。 ・スマホで…

「学び効率が最大化する『インプット大全』」 樺沢 紫苑

どれだけ本を読んでも、セミナーに行っても、覚えていなければ「究極の時間の無駄遣い」 2018年8月に発売された著者の「学びを結果に変えるアウトプット大全」が、40万部を超える大ベストセラー(2019年8月現在)となり、待望の「インプット」に関する続編が…

働き方改革 仕事効率化 IT化 DX化(デジタルトランスフォーメーション)で必ず必要 IDとパスワード管理

タイトルの通り、最近では紙が減っていっています。デジタル化の大波。 稟議書や社内回覧もワークフローシステム。勤怠管理もクラウドで管理。出張での新幹線・飛行機・ホテルなどの予約も社内クラウドシステム、そして経費やちょっとした購入品も今では清算…

「News Picks」今までお会いした役員の半数以上がスマホに入れていたアプリ。

タイトルは大げさでもなく、実際に気づいたことです。 最初は興味本位で色々な社長、執行役員の方々と食事をご一緒させていただいた際、必ずスマホにどんなアプリを入れていますか? どんなニュースアプリが役立ちますか? と聞いています。シンプルに個人的…

これで確実に【実行できる組織】【実行できる人】になれる優れたアプリ

「何をするかは、わかっている」「目標を掲げることはできる」 問題は「どうやって実行させるか」なんだ。 以前ご紹介させていただいた 「戦略を、実行できる組織、実行できない組織。」 「図解でわかる『戦略実行』」 「実行する技術 4DX」 「実行の4つの…

「なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか」 田坂広志

中村天風氏 以来の「心の師匠」となりました。 東大を出て、大学院まで出たのに、民間企業に就職。しかも配属されたのは法人を相手にした企画営業。全く大学と大学院で学んだことが役に立たない著者は、どのようにしてその道のプロフェッショナルになったの…

「すべての知識を『20字』でまとめる 紙1枚!独学法」 浅田すぐる

またもやってくださいました!「動作化の達人」浅田氏の超実用的 実践的 独学法!売れ続けている理由がこの中にある!! 「実際に仕事で役立つ」書籍を世に送り出し続けている著者のこの本、「独学」や「リカレント教育」などが流行っている世間の流れにのっ…

独自ドメイン取得!しました。

PVがそれなりに増えたら独自ドメインを取得しようと考えていました。 というわけで、 http://www.ビジネス本.jp という独自ドメインの取得ができました! これからも役立つビジネス書や自己啓発本のご紹介をさせていただきたいと思います。 何卒宜しくお願い…

「コミュニケーションデザイン」 西條美紀

人と協力して問題を解決しようとするとき、どのような会話をすれば、その問題を解決することができるのか? 「こうすれば全員が問題を把握できて、行動できて、目標達成できるよ」という計画を立てる考え方を学べる本だとも言えます! 本文の言葉を使って書…

「40代にしておきたい17のこと」  本田 健

40代は後半の人生の、フレッシュスタートを切れる10年。 そんな1文に共感して読みました。 著者は「30代にしておきたい17のこと」の帯に「30代で人生の90%が決まる!」という刺激的なコピーを書いたので、「やっぱり40代はもう人生の後半に入るので希望…

「なぜ今、世界のビジネスリーダーは、東洋思想を学ぶのか」  田口 佳史

時代は再び大きな転換期を迎えている。 「会社や社会に与えられる人生ではなく、自分の人生を生きる。」そのためには美意識やデザイン思考も重要だが、『東洋思想的なアプローチ』が必要になってきている。 じゃあ、その東洋思想ってどんな思想なの?具体的…

「50歳の衝撃」  山本 直人

30代から読んでおいて損はない。 団塊の世代が退職したこれからの時代、平和な50代を送れる人は少ないかもしれない。何をもって平和とする?自分にとっての幸せな50代とは?そんなことを考え始めるのに、早すぎることは無い。そう思って読んでみました…

「図で考える。シンプルになる。」  櫻田 潤

何かを人に説明するとき、図を使った方が断然伝わりやすい。そんなこと誰でもわかっている。 でもどんな図を書けばわかりやすいのか?という事が知りたい方におすすめの本。思考を磨き上げる7つのパターンを身につければ、これからの仕事で、はるかに人に納…

「人と組織を効果的に動かす『KPIマネジメント』」  楠本 和矢

以前「最高の結果を出すKPIマネジメント」という本を読んでから、KPIについてもっと深く学んで、仕事に活かしたいと思い、読みました。前述の本が「KPIとは何か?というレベルから、その設定方法やKPIマネジメント全体の流れを知ることができ、初級編から…

「『3行日記』を書くと、なぜ健康になれるのか?」  小林 弘幸

1日のうちで健康にとっていちばん重要な時間は、 「寝る前」である。寝る前に、たった3行の日記を書くだけで自律神経のバランスが整って、心身ともに調子がよくなる!ということを教えてくれる本です。 その「具体的なやり方」はもちろん、「医学的な根拠」…

「ムダゼロ会議術」  横田 伊佐男

上司や役員にぜひ読んでほしい本!「働き方改革」という名のもと、意味があるのか無いのかわからない時差出勤、フリーアドレス、残業時間の管理、裁量労働制など、手の付けやすいところから手を出す人事。しかし、本当に生産性(成果÷かけた時間)を上げたい…

「人生は、運よりも実力よりも『勘違いさせる力』で決まっている  ふろむだ

知っておいて損は無い「錯覚の力」がわかる本です。AMAZONレビューで賛否両論に割れている本だったので気になって購入。読んでみて仕事に役立つと思ったところは、「これからの世の中、特に情報が日々大量に流れまくるこれからの時代、実力も大事だけど、自…

「頭に来てもアホとは戦うな!」  田村 耕太郎

まさに現代実社会版『孫氏の兵法』。何気なく売れているから、という理由で買って読破しましたが、最近読んだ本の中では一番お気に入りになりました。多分これから何回も読み返すんだろうなーと思います。時間もエネルギーもタイミングも、たった一度の人生…

「やりたいことを全部やる!時間術」  臼井 由妃

「時間がないから〇〇できない」というのは言い訳にすぎない。。。著者の一文に ”はっ” とさせられました。仕事ができる人ほど仕事がどんどん押し寄せてくる。みんな同じ24時間しかないのに、できる人とできない人がいるのはなぜなんだろう。そんなに仕事量…

「世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか? 経営における『アート』と『サイエンス』」  山口 周

多くの企業経営者は、コンサルタントではなく、デザイナーやクリエイターを相談相手に起用している。 エリートが働くグローバル企業では、今日、幹部候補生を、RCAなどのアートスクールや、米国のアスペン研究所などの哲学ワークショップに送り込んでいる。…

「鬼速PDCA」  冨田 和成

このPDCAはすごい! タイトルで少しウサンクサイ?!と思ってしまった第一印象。しかし!!中身をしっかり読むと、今まで読んできたPDCA系の本の中でも、トップクラスの実用性にビックリしました。単純に「P」、「D」、「C」、「A」の順番で1周する…

「父からのキャンペンガールと手紙」

「何のために高い学費払ってまで大学行かせたと思ってるんだ!!」 そう父に激怒されたときは、既に想定内だったのでそんなにうろたえませんでした。でもその横で涙目になって、私をみている母の顔を見たときは、さすがに心の奥にあった小さな罪悪感が何倍も…

「最前線のリーダーシップ」  ロナルド・A・ハイフェッツ  マーティ・リンスキー

リーダーシップを発揮する =危険な生き方をするということ。 という切り口。「リーダーシップ」について書かれている本はたくさんありますが、この本が人気である理由はここにあります。 では、 「どんな危険があるのか?」 「どんなリスクがあるのか?」 …

「すごいメモ」  小西 利行

この「すごいメモ」という本を読んで実践してみました。 「メモを取る」から「メモを使う」 に変わることができたので、役立つ本としてご紹介します。この本に書いてあるメモの取り方をマネしてみると、取って終わりだったメモが、だんだんと「考えるきっか…

「問題解決プロフェッショナル 思考と技術」 齋藤 嘉則 

約20年読まれ続けている定番。 この本は、たくさんの「読書法に関する本」や、「読書に精通した方々の本」の中でよく登場します。その登場の仕方は、”著者のおすすめ”という形です。つまり!! 読書法や思考法に超くわしい人たちが、「いい本だから読むべき…

「営業力100本ノック」  北澤 孝太郎

最初は不思議で、ずっと謎でした。 なんで”バリバリの理系” 部長が「営業力の本?」でも、読んで納得しました。 もちろん営業をされている方には非常に学びの多い「超良本」だと思います。でもこの本を「営業の方だけが読む本」にしてしまうのは、 もったい…

「人事屋が書いた経理の本」  協和発酵工業(株)著

1978年に第1刷が発行され、2015年7月末時点で149刷発行。 さすが、色々な読書系の本でおすすめされている本だ。改めて心から感心しました。わたしは、高校から理工系に進み、いっさい財務・経理とは縁がなく生きてきたのですが、教養としてバランスシートや…