ビジネス書 自己啓発本 「本当に役立つ本」 紹介 !

年間100冊以上好きで読んでいますので、アウトプットしようと決意。できるだけ質のいい、活かせる情報を。

自己啓発本

まじめに生きなきゃハッピーになれないなんて、思っていませんか? ➡ はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法 本田 晃一

この本は表紙のかわいさに釣られて買ってしまった本。それ系で買ったのは2冊目(笑) でも良かったです♪♪ 「将来の夢はなに?」って聞かれたら、両手でも足りないくらい、たくさんの夢がありました。 あのころみたいに無敵モードで全部うまくいく、とっておき…

あなたは「今の 『上司の 上司』 に仕えて 将来も仕事をする気がありますか?」➡「ピーターの法則」 ローレンス・J・ピーター

なぜ あの人は、昇進した途端 ダメになった? 半世紀読み継がれてきた伝説の名著! ピーターの法則 衝撃的な帯の見出しで読みましたが、半世紀も読み継がれている名著とは恥ずかしながら知りませんでした。。。。この本を読んで思ったのは、 「まさに その通…

「考える方法」や「理解の型」がパターン化できる!! ➡ 「図で考える。シンプルになる。」 櫻田 潤 (再投稿)

図は、プレゼンツールである前に、 思考ツールです。 ・頭の中がモヤモヤしているのを何とかしたい・会議、打合せで主導権を握れない・要点をスピーディーに伝えられない・質の高いプレゼンができない、伝えられない・・・ そんな方には特におススメの本です…

「思考停止状態・・・」になる自分を変えたい方必見 ➡ 「”思考停止人生”から卒業するための個人授業」 瀬田 滋彦(うしおだ しげひこ)

相手の話を聞いていて、ふと質問されたときや、「君はどう思う?」と聞かれた瞬間、「あっ、えっとですね・・・わたしは・・・」とすぐに考えがまとまらず、何を言えばわからない状態、そう「思考停止人生」を私も歩んできました(泣) ですが、たくさんのビ…

30万円のセミナーで公開されていたノウハウがまさかの単行本化!! 「脳が冴える!朝1分勉強法」 宮川 明

amazonでこの本400円以下で買える( ゚Д゚)/(2021年9月23日時点)ご紹介している本3冊全部買っても1000円ちょい!コスパ凄すぎます。 初めにガッカリさせちゃうかもしれませんが、この本は、「1分間だけ勉強すれば良い」という本ではないんです。ごめんな…

とにかく速くで問題解決法を身に付けたい方 必読! 「問題解決力を高める 推論 の技術」 羽田 康祐

3つの基礎が最強の武器になる! そして会社、仕事で役立つ!! 帰納法 演繹法 アブダクション(推論・仮説的推論) 「帰納法」とか「演繹法」とか、苦手~!!という方も 超わかりやすいから大丈夫です! ここで得意になっておきましょう♪♪ 私も頑張ります…

しんどい中間管理職を脱出!プレイングマネジャー必読の本!!1000社で実証した「残業ゼロ」の仕事術 ➡ プレイングマネジャー「『残業ゼロ』の仕事術」 小室 淑恵

働き方改革って言われて「時間差出勤」や「残業削減」、そして「有給休暇の取得」など手を付けやすいところからドンドン進められている我社。そもそも働き方改革やるぞー!って言っても仕事が減るわけでは無いのに、 「生産性を上げなさい」 そればっかりで…

ついつい先輩や上司の顔色を窺ってしまって言いたいことを抑えてしまう人へおすすめ。『「超」入門 空気の研究』鈴木 博毅

誰もが「空気」におびえながら、 「空気」を必死に読む日々に疲れ切っている。 なんで この会社こんなに息苦しいの!? 恐らく、というか絶対”あの人の意見おかしい”のに、みんな何も言わない。 かと言って私が言うとあの人にも迷惑がかかるし、嫌われたらし…

「最後にはすべて笑い話にできる」他の本とは違う「考え方」がとっても面白い 『1%の努力』(ひろゆき)

世の中のすべて、「ネタ」だ。 受験がうまくいかなくても、就職が決まらなくても、仕事で失敗しても、お金がなくなっても、家族や友達、同僚と酒でも飲みながら自虐を言えば、みんなゲラゲラ笑ってくれる。それに代わる人生の楽しみ方が他にあるだろうか。 …

「死んだほうがマシだ」と真剣に思い悩んだ時に 読んでいただきたい本 『夜と霧』 ヴィクトール・E・フランクル

究極に絶望的な状況、 死をも超越する最悪な心境から 克服する2つの方法 が役に立ちました。 先の見えない最悪な環境での「無期限の暫定的状態」。その状態にあると、人は未来を見失う。目的を持つこと、希望を持って生きることが酷く困難になる。 夜と霧 …

「AI(人口知能)についてザックリ知るなら この4冊で準備オッケー」

①文系AI人材になる ②日本型”AI”ビジネスモデル ③いまこそ知りたいAIビジネス ④AIをビジネスに実装する方法 6冊くらい読みましたが、この4冊で基本は十分でした。 営業活動中の雑談で超役に立ちそうです! とりあえず「AI」について話ができるようになりた…

「吉田松陰 に学ぶ リーダーになる100のルール」 沢辺 有司

なんで吉田松陰はそんなに有名なんだろう。なんでわずか3年ほど松下村塾で講義しただけで、多くの幕末・維新のリーダーを育てることができたのだろう。 吉田松陰はいったい何を教えたのだろう!? そんな疑問を解決してくれる上に、心に突き刺さる名言、リア…

とにかく「コミュニケーションや 考えたりすること」が苦手な人はコレおすすめ。「5日間で言葉が『思いつかない』『まとまらない』『伝わらない』がなくなる本」 よきた よしあき

「 社会人で何より大切なのが、「思いを言葉にする力」。 ビジネス現場では、考えていることをアウトプットできなければ 評価されることはない!」(本文より引用) こんなに実践的で役立つ本は久しぶりです。 ここまで「このタイトルにふさわしい内容が 書…

「質問7つの力」ドロシー・リーズ(著) 桜田直美(訳)

落胆するたびに、困難に直面するたびに、そしてやる気が湧き上がるたびに、私は自分に訊ねる。 「なぜだろうか?」 そして答えを探す。答えを見つけようと自分を発奮させるほど、そして質問を続けるほど、結果はよくなる。 質問 7つの力 著者曰く、情報を手…

「ポストコロナの経済学」 熊谷 亮丸(2020年7月6日第1版第1版発行)

コロナが収束した後、世界は、日本は、そして我々の働き方、生活はどうなっていくのか!?そんな疑問への答えや今後実行していくべきタスク内容が非常に分かりやすい! 知る人ぞ知るTOPPOINTの 「2020年に最も読まれた書籍ベスト10」にランクインされていた…

「書くことについて」 野口 悠紀雄 (2020年11月10日初版発行)

著者曰く、「学ぶための最強の方法は『本を書く』こと。 「日々の継続」を「驚くべき成果」に変える文章法 が書かれています! 私のような凡人には、「いきなり本を書く」ということはちょっと( かなり??(笑) )ハードルが高いので、『アウトプットするこ…

「AI分析でわかったトップ5%社員の習慣」 越川 慎司

今 目指すべきは、働き方改革ではなく、「会社の儲け方改革」と「個人の稼ぎ方改革」。 この本は、アマゾン、マイクロソフト、IBM、グーグルのAIを使って膨大なデータを解析し、成果を上げているトップ5%社員に共通する習慣を調査・分析した結果をわ…

「よくわかる 最新BIMの基本と仕組み」 家入 龍太

BIM(ビム)って何? 去年、建設関係のプロジェクトに携わった際、おじさんたちが「ビム、ビム」言っていて、なんのこと?と思って購入した本です。 この本を読むと、BIMの全てとは言いませんが、下記のことはわかります! ①BIMとは何? ②BIM以前の問…

「紙1枚に書くだけでうまくいく『プロジェクト進行技術が身につく本』」前田 考歩 後藤 洋平

「プ譜(ぷふ)」 って響きが良くないですか!? いつもの仕事よりもハードルがかなり高い!でも PMBOK※1に則ったプロジェクトマネジメントの本通りにスコープ(実行する範囲)を定義したり、WBS※2やRAM※3やガントチャート※4を作るほどでもない・・・そうい…

「儲かる 副業図鑑」 山田 真哉

私たちは今までの生活を見直し、 「新しい働き方」 を考えざるを得なくなった。 今、社会はさまざまな「将来の不安」に満ち溢れています。少子高齢化、年金問題、定年退職年齢延長、それに追い打ちをかけるようにコロナショック。そして増えるテレワーク、増…

「年収1億円になる人の習慣」 山下 誠司

「仕事が遅いのは能力の問題」だが、 「スタートが遅いのは姿勢の問題」。 この本の基本の習慣の1つ目にでてきたこの習慣、これがまず非常に心に突き刺さり、今では会社の部下や後輩、プロジェクトメンバーも皆に浸透しています。 著者曰く、仕事で大切なの…

「60分でわかる! SDGs 超入門」 功能 聡子 佐藤 寛

これからの社会、SDGs を意識した取り組みをしない会社は、淘汰(排除)されるかもしれない。 ちょっと読んで焦りました(汗)学んでおこうとおもいました。 SDGs(エスディージーズ):Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標) さすがに60分で…

「図解 渋沢栄一と論語と算盤」 斎藤 孝

1万円札の”顔”になる「渋沢栄一」が今の日本を見たらどんなに悲しむだろうか。。。 「私は こんな未来のために働いたんじゃないよ・・・」と悲しむだろうな(泣)。 なんで2024年からの1万円札に「渋沢栄一」の肖像が選ばれたのか!? 渋沢栄一はどんな人な…

「改訂新版 IoTエンジニア 養成読本」(ざっくり編) 片山 暁雄 他6名

IoT関連の書籍の中ではトップクラスに評価が高かった本。その理由は、IoTを実際に行うために知る必要がある項目1つずつに対して丁寧な解説があり、その全体像も知ることができる。また他の本には無い具体的な実践内容(Raspberry Pi※でセンサで得た情報をク…

会社で出世していく人は、だいたい ウマ か パンダ に分類できるみたい(笑)「職場の『空気』が結果を決める」 北野 唯我

大きな会社で出世していく人というのは大体、ウマ か パンダに分類できる。 つまり、「めちゃくちゃ役に立つ人」か、「偉い人にすごく かわいがられる人」であることが多い。 「給与は低いが満足度は高い企業」は存在するのか?その調査結果は? 転職を1度は…

「この1冊で全部わかる クラウドの基本」 林 雅之 (後編)

さて、クラウドってそもそも何?というところから、クラウドを使うメリットやSaaSやPaaSなどのサービスモデルとプライベートクラウドなどの利用モデルのパターンを大まかに紹介しました。その後SaaSについてざっくり学びましたが、続いてPaaSです! ● PaaSと…

「この1冊で全部わかる クラウドの基本」 林 雅之 (前編)

そもそも「クラウドって何?」。そんな疑問がきっかけで読みました。これ1冊で広く浅く「クラウド」について知ることができるお手軽な一冊。 「この一冊でわかる!」「1時間でわかる!」「この一冊でマスター」系の本って、広く浅くで、結局 何となく知った…

「仕事が『速いリーダー』と『遅いリーダー』の習慣  石川 和男

休憩時間にホットコーヒーを飲んで、気分を落ち着かせるリーダーは、仕事が遅い ダメリーダー! 正直係長や課長・・・と役職が上がっていくと、精神的にも肉体的にもしんどい。そんなときに尊敬する上司から薦められて読んで救われた一冊です。 リーダー、特…

「思考の整理学」  外山 滋比古

40年近くも読み継がれ、累計販売部数約250万部のロングセラー。モノの考え方や見方、アイデアの出し方についてこれ以上本質を突いた本は無い。 まるで、現在を既に知っていたかのような文章に圧巻。 本日ニュースでこの偉大なる著者である外山氏の訃報が流…

「文系AI人材になる」 野口 竜司

「AI」は「Excel」くらい誰もが使うツールになる。 「AI はどう作るか?」よりも、「AI をどう使いこなすのか?」これからの時代はその方が重要。 帯に書かれていたこの文章が目に留まり、ガッツリ理系の私ですが、AIやIoTについてはいろいろ本を読ん…