ビジネス書 自己啓発本 「本当に役立つ本」 紹介 !

年間300冊以上好きで読んでいますので、アウトプットしようと決意。できるだけ質のいい、活かせる情報を。

「なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか」 田坂広志

スポンサーリンク

中村天風氏 以来の
「心の師匠」

となりました。

東大を出て、大学院まで出たのに、民間企業に就職。しかも配属されたのは法人を相手にした企画営業
全く大学と大学院で学んだことが役に立たない著者は、どのようにしてその道のプロフェッショナルになったのか?


そんな著者だから書ける、仕事で必要な能力とは?その能力・技術をマスターする方法は?その技法とは?
この本はIoTやAIが加速する今の時代、読むべき本の1冊だと思います。


読んだその日から実践したくなる心構え、ものの考え方、自分の成長方法。自己啓発書としては抜群におすすめです!「7つの壁」を超える「7つの技法」がスッと頭と心に入ってきます。ぜひ実感してください!

「読者が読みながら疑問に思うだろう」ということを予想して、必ずその疑問の答えも書いてくれている。ビジネスマンで上を目指すなら、一度はこの著者の本に触れるべきだと思います!少なくとも私の会社では、以前田坂広志ブームが起こり、今も尚、著者の本を数冊事務机の上に置いている方がたくさんおられます。
私もそのうちの一人です(笑)

なぜ優秀な人ほど成長が止まるのか

ちなみに中村天風氏での最高におススメの本はこれです。
いつか紹介したいと思います。
あの「松下幸之助」氏や京セラの創業者である「稲森和夫」氏をはじめ、数々の歴史に名を遺した著名人も「心の持ち方・考え方」を学んだとされる書籍です!「現役社長の愛読書」というTVでも2018年に紹介されていました。

超ロングセラーですね!

仕事がある程度できてきたけど、伸び悩んでいる方。
もっと仕事で活躍したいけど、チャンスがこないと悩んでいる方。
勉強はできる方なのに、仕事ではイマイチ成果が出ない方。
勉強は苦手だったけど、仕事で成長していきたいと本気で考えている方。
仕事や私生活で悩んだときに、「この本を読めば心が落ち着く」という本をつくりたい方。

そんな方々にはおすすめです!

 

著者は東京大学工学部卒業後、同大学大学院修了。工学博士(原子力工学)。その後民間企業へ就職。まさかの企画営業に配属。2009年からはTEDメンバーとして毎年TED会議に出席。2011年内閣官房参与に就任。2013年から、「思想、ビジョン、志、戦略、戦術、技術、人間力」という「7つの知性」を垂直統合した「21世紀の変革リーダー」への成長を目指し、「成長の7つの技法」を学ぶ場、「田坂塾」を開塾。現在、全国から4500名を超える経営者やリーダーが集まっている。「風の便り」というメールマガジンも大人気であり、毎回心に響く言葉や考え方、動画での解説等が送られてくる。

 

ポイントとして、

・優秀な人ほど「3つの落とし穴」におちいってしまう。
①「学歴」という落とし穴。
②「実績」という落とし穴。
③「立場」という落とし穴。

「勉強ができる人」は、必ず「仕事ができる人」では無いのはみなさんもなんとなくわかると思います。
では、なぜ勉強ができる人でも仕事ができない人が大勢いるのか?
逆に、勉強ができなくても仕事ができる人 の共通点とは?

学歴的な優秀さ と 職業的な優秀さ の違いを理解する必要がある。

プロフェッショナルとしての成長を「山登り」にたとえるなら、山の「中腹」を「頂上」と勘違いしてしまっている。

 

10年も仕事をしていると、それなりに知識も増え、自然に仕事を覚え、周りの人からも頼りにされるようになる。

「自分はそれなりに仕事ができる」と思い込んでしまう。

心の奥深くに無意識の慢心を生んでいる。

 

過去の自分の「立場(役職・肩書・地位・身分)」に縛られ、新たな「立場」に合わせて自分を変えられない。

 

「高く評価された経験」がある人ほど、「脱皮」が難しくなる。

 

 

・上に書いた「3つの落とし穴」におちいる人は、いずれも、言葉をかえると、
「成長の壁」
に突き当たっている。そしてその成長の壁は整理すると7つある。

 

さて、その「成長の壁」とは?

その説明をわかりやすく書きながら、著者はそれぞれの壁を超えるための
「7つの技法」
を示してくれています。まずは自分はどの壁によって成長が止まっているのか?、どの壁を克服すれば、もっと成長できるのか?をこの本で知り、その技法を実践していけば必ず成果につながると思います。

実際わたしもこの本の技法のおかげで、しょうもないエゴや小さい承認欲求がなくなり、その分チームの成果や会社の成長に考えが常にいくようになりました。たまに元に戻りそうな時もありますが、その時は再読しています(笑)
役立つ、効く本です

 

この本もぜひ実際に読んでいただきたいので、簡単に整理したものをアップするだけにしておきます。と言いましても、本の最後の方に同じようなまとめがあります!汚い字ですみません(汗)

優秀な人ほど成長が止まるのか1

優秀な人ほど成長が止まるのか2

とにかく、1つ1つの壁が本当に、これ以上無いくらいわかりやすく説明されています。またその壁を超えるための技法についてはさらに具体的に書かれており、著者の説明力の凄さにも驚きます。口調(説明の仕方)もやわらかいので、読書中は優しい家庭教師が丁寧に教えてくれているような気持ちになります。

それぞれの技法をさらに深く学ぶための書籍も出版されております。私は、これを買いました。その名も「人間を磨く」自己啓発書で涙が出そうになったのは初めてでした。

 

人間を磨く 人間関係が好転する「こころの技法」 (光文社新書)

 

著者は、学生時代に体得した「深く考えること」、「研究すること」などを活かし、企画営業という仕事を「研究」することにしました。そしてその研究によって、わずか7年で先輩や同僚との遅れを取り戻し、企画営業の世界でプロフェッショナルとして実績をあげることができました。その研究で得た成果が、本書に惜しみもなく全て書かれています。

 

著者曰く。
この本は、技法を学ぶために読むものではありません。
人生を拓くために、この本を読んでください。

一生 本棚や手元に置いておきたい本になると思います。最近仕事や私生活でもうまくいかないと悩んでいる方、心の支え本が欲しい方、おすすめです!

 

アマゾンで詳細を見る

なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか ― 何歳からでも人生を拓く7つの技法

 

楽天で詳細を見る

なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか 田坂広志

 

中村天風氏の超おススメ本 私の元祖「心の支え本」

運命を拓く (講談社文庫)